アルコールにかかわる搬送は歓迎されない

過度の飲酒をして意識が低下したり、アルコールが原因でけがをして、救急医療の現場に人が搬送されるケースがあります。
大人に許された飲酒は仲の良い友人との楽しい時間にもなりますし、適度な飲酒はストレス解消やリラックス効果もありますが、飲みすぎては問題を起こすばかりです。
アルコールのリラックスは貴重なものですが、救急車を呼んでの搬送は多くの人の迷惑になるので避けなければなりません。
過度の飲酒は大人本人の問題であり、受け入れる病院側としてもあまり歓迎されるものではありません。
救急医療の病院は救急車で搬送をされる人をすべて受け入れますが、アルコールにかかわっての患者を歓迎する病院はないので、飲酒とはうまく付き合うことです。
過度にアルコールを入れてしまうと、社会人としての一般常識だとか、普段抑えている感情にも抑えは聞かなくなります。
気持ちが大きくなるので搬送先の医師にも暴言を吐いてしまったり、暴力を振るうこともあるので、医療機関では歓迎をしませんが、飲酒のコントロールは本人でできることです。