けがや神経など痛みには種類がある

人間が感じ方は一つではなく、いくつかの種類があって痛みを感じています。
神経障害性疼痛に混合性疼痛、そして侵害受容性疼痛といった、それぞれの状態にあった痛みを感じていて、目に見える痛みだけではなく、わかりにくい痛みがあるのも特徴です。
炎症を起こしたり傷を負ったりするのは目に見える痛みであり、切り傷を作ったときや火傷を起こした時、それに打撲や骨折も侵害受容性疼痛になります。
外部よりの圧力や刺激がもとで引き起るのが、ガンガンと響いたりズキズキする侵害受容性疼痛であり、痛み発生の原因は強い刺激です。
肉眼ではわからないのが神経障害性疼痛であり、痛みが招かれる要因は神経の障害に理由があります。
神経は様々な情報をキャッチしますが、その神経を痛みで障害されている状態であり、ジンジンと響くような痛みや、チクチク感じる痛みなどもそうです。
神経の障害で招かれる痛みと、重駅による痛みと両方がダブルでくると混合性疼痛になります。
自己判断で悪化をさせないためにも、医療機関を受診して痛みに適した医薬品の処方を受けることです。

none

最新投稿